ラーメン二郎 環七一之江店 @一之江

10連休の9日目。
日曜のお昼にコチラヘ。


ラーメン二郎 環七一之江店 @一之江

初訪問。


続きは
↓↓↓
.



訪問日: 2019.05.05(日) 晴れ




この日は夜に予定がある為
さすがに連食は控えます(笑

1店舗でお腹を満たすお店どこにしよう。

と言う思考から
ずっと気になっていたお店へ。




これから行く
ラーメン二郎 環七一之江店さんは
フォロワーさんのレポを読んだのがきっかけ。

汁なし』が美味しそうで
実は去年から気になってました。



直系二郎は1年半以上前に
三田本店しか行った事がありませんが、
レポや食べログで予習しながら(笑


早速Goします。





電車を乗り継いで、新宿線の一之江駅で下車。

駅からは徒歩で3〜4分の立地です。





10:55到着。



先客11名。

思ったより並びが少ない\(^o^)/

ちなみにコチラのお店は10時オープン。
日によっては早開けする日もあるらしく。


そして
行列が長い日は
30〜40人並ぶ事もあるとか(^^;;






ピーク前なのかな?
最後尾に接続して待機します。

(並びながら煙草吸うのはやめましょうね)

回転が早いと言われるコチラですが
その通りドンドンと列が進みます。


6番目くらいになったら食券を買います。




予習通り
汁なし生たまご豚増し
をポチッとな。




プラ券を持ったまま
待機列へ戻ります。





噂通り回転は速く
わずか20分の待ちで。


〜入店〜


11:15着席。

カウンターのみ14席。

思ったより広い店内ですね〜。


水はセルフ。

BGMはラジオ。

スタッフは屈強な男性が2名。

この方が遠藤さん似の方か〜、
確かに似ている(笑





先に『生たまご』を受け取り。






滞りなく作られて。

コールは『全部』を。

(ちなみに"魚粉"は
"汁なし"の場合、追加可能です)









11:22着丼。






着席からわずか7分、
想像以上に早いですね。




ニンニクはデフォでこれくらい。








汁なしとは言うものの、
底には結構な量の汁があります。





天地返しをして。







では、早速いただきます🙏





緩いウエーブした麺。

口に入れると
オーションならではの独特の香り。

久しぶりの二郎ですが
タレ(スープ?)がよく絡み
コレはメチャクチャ美味いっ!

塩味がほんの少し強目な印象ですが
ムチっとした麺との相性も良く
ズバズバと啜れちゃいます。


ヤサイは麺の下に一旦入れて

スープによく絡めた状態で食べると
ちょうど良い感じ^ ^





半分ほど食べ進んだ所で
生たまご投入し、BPをかけます。

こうする事で
カルボナーラ的に食べられると
レポで読んだので、丸パクリしてみます(笑


生たまごをお箸で潰して麺に絡め
口に入れると…
なるほどっ!!
これはカルボナーラ!!(笑

メチャクチャ美味いっ!!( ^ω^ )

生たまごのマイルドさ、卵黄の風味と
BPのピリっとした感じは
先程とまた違う顔を見せて素晴らしい味わい。

コレを編み出した人は天才なのか。



肉増しにすると
お肉が計5枚です。

なんか端っこの部分もありますが
これはラッキーなのか(?)



お店によって肉質や味も当然違うらしいですが
5個の内、2つはアタリかな。

2つはかなり柔らかくて美味いお肉でした^ ^

食べ慣れていない自分は
肉増しにしなくても良かったカモしれません😅



環七一之江店は
デフォの麺量が少ない方らしいのですが。

最後はちょびっと苦しくなりました(^^;;
他のお店の麺量はどんだけなの…w




それでも最後まで
美味しく完食です\(^o^)/







帰りにはももちろん行列で



歩道橋の下まで
行列がズラリと(^^;;ウヒョー












直系二郎としては三田本店に続いて2軒目。

今回は信頼の筋から情報を得ていたのもあり
最後までかなり美味しく頂けました。

特に生たまご+BP
本当に素晴らしい味変で、驚きでしたね✨



思い返すと
何も知らずに望んだ本店は
ただお腹いっぱいになって苦しかった印象しかありません(笑

今回学んだのは
麺の量と、食べ方さえ間違わなければ
とても美味しいと感じる事が出来ると言うこと^^




二郎も奥が深いですね〜



そして
もしかしたら
汁なし結構好きかもしれませんw

ちょうどこれから暑くなるし
"汁なし"を回ってみようかしら(笑


大満足でした!!

ご馳走様でした🍜😋🙏



モチベーションにしているので


サクっとポチッとお願いします!
   ↓

ラーメンランキング


〜〜〜
関連記事

0 Comments

Leave a comment

Copyright ◆音楽と麺◆ サウンドブログ MKⅡ All Rights Reserved.